« シンガポール・フード&カルチャー・フェスティバル ファイナル | トップページ | マレーシアへ帰省 その3 »

2006-04-16

「クラッシュ」 監督 ポール・ハギス

大好きです。こういう作品。ヤラレました。

MOVIXのホームページでタイトルだけを見たときは、カーチェイス満載のアクションものだと思ったのですが、作品紹介を見たら全然違うようで、興味が湧きました。

ある晩におきた衝突事故が、さまざまな階層、さまざまな人種の人々の思いもよらない“衝突”の連鎖反応を生み出し、運命を狂わせていく・・・・。

この作品に“主人公”はいません。たくさんの登場人物がいます。その登場人物が、最終的に1本の線でつながります。そう来たか!と思いました。

公式サイトには

「怒り、哀しみ、憎しみ、喜び―  人の“こころ”の断面図を鮮烈に描く・・・・・」と紹介されています。

人々の衝突を描いて、人は誰かとつながっていなければ生きていけない、そういうことを感じさせる作品です。

久しぶりに、私の中でのヒットです。なんだか言葉がうまく出てこなくて、言いたいことを思うように書けないけど、とにかく、よかった。もう一度見たい映画です。

アカデミー賞「作品賞」、「脚本賞」、「編集賞」を受賞しています。

|

« シンガポール・フード&カルチャー・フェスティバル ファイナル | トップページ | マレーシアへ帰省 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クラッシュ」 監督 ポール・ハギス:

« シンガポール・フード&カルチャー・フェスティバル ファイナル | トップページ | マレーシアへ帰省 その3 »